自分を大切にすること以上に大事なことはない

マインド

こんにちは〜ププ(@PUPU_STYLE)です!

 

周りからはそう思われにくいのですが、私は自分を大切にするということを後回しにしがちな人間でした。もちろん、今でもそのパターンが出てくることがあります。

 

でも、改めて自分で自分を大切にすることって大事だなと思うんです。自分で自分を大切にする人が増えれば、それだけでも世の中が穏やかになっていく気さえしています。

スポンサーリンク

自分を大切にするって自分の何を大切にするの?

自分を大切にしましょうというフレーズ自体はよく聞きますよね。

 

私も身近な人から自分をもっと大切にしなよみたいなことを言われることはありましたが、そうだねと言いながらも腑に落ちていなかったように思います。

 

私が思う自分を大切にするって、自分の感情や感覚や気持ちを大切にするということだと最近では思っています。

自分を大切にできない原因

ついついやってしまうパターンというのは幼い頃に環境によって形成されると言いますが、要はどんな家庭環境の中で育ったのか?が影響しているということになります。

 

私の場合、両親が大喧嘩をするみたいなことはなかったのですが、仲が良かったわけでもありません。ただ、なんというか幼いながらに冷たいエネルギーが父と母の間に流れているのは感じていました。

 

母が父に対して苛立ちみたいなものを抱いていたからか、母の機嫌が良くないことが多かったんです。

 

だから私は母の機嫌を取ることばかり考えていたように思います。これはカウンセリングなどを受けたことで過去を振り返ったときに自覚できたのですが。

 

なので、選択の基準が自分の意志からではなく、母の感情をなだめるために慌てて決断してきたんだと思います。

無意識につくられた習慣を変えるのは難しい

少しでも早く母を喜ばせるために、自分の感情は後回し。どこか自分を犠牲にしてしまう。

 

このパターンに気付きながらも、幼い頃から繰り返し続けて強固になってしまった習慣というのは、なかなか変えることが難しいんですよね。

 

なので大人になってからも、身近な大切な存在を喜ばせるような選択をしてしまう。特にその人が困ってる状態の時は慌てて何か決めなくちゃ、何かしなくちゃと思ってしまうんですよね。

 

しかも、それが本当に相手が喜ぶとは限らないのに、きっとこうした方が相手が喜ぶだろうという思い込みで選択してしまってる場合もあるので、結局誰も喜ばないという残念な結果に繋がることもあります。

 

ここ最近も自分の自尊心を傷つけてしまいそうな選択をするところでした。

自分を大切にするためには自分に許可を出すこと

幼い頃から繰り返しているパターンを変えることは難しいですが、まずは、自分が無意識に作り上げたパターンを自覚することからだと思います。

あなたがあなたでいることから始まる

自覚をすれば選択することが出来ます。自分を大切にしようとか、人を基準に選択するのはやめようとか。

 

自分を大切にできない人って、何もかもを大切にしていないわけではなく、相手や世間の方を優先した選択をしていることが多いです。

 

ということは何かを大切にすることは出来ている。だからこそ、その矢印を今度は自分に向けてみることだと思います。自分を大切にしていいんだという許可を出してあげることが大事です。

自分のこうしたいという気持ちを大切に

目標を持たなくちゃとか、私も周りみたいにこうでなきゃとか、周りに合わせるための義務感や切迫感からくるものではなく、本来こうありたい、こうしたいという自分の気持ちが大事。


あなたという存在は唯一無二のかけがえのない存在です。
そんな大切な一人であるあなたを自分が理解してあげることは、自己中心でもないですしワガママでもありません。

 

自分で自分を大切にすることができれば、必要以上に相手に何かを求めることがなくなり、お互いが与え合うことに集中できるようになると思うんです。

 

そういう点でも、一番身近である自分を大切にする人が増えれば、より豊かな人間関係が広がっていくのではないかと私は思っています。

320-50-13