年収1,000万円以上の豊かな経営者から愛される女性の特徴4つ

恋愛

こんにちは、ププ(@PUPU_STYLE)です!

私が社会人になってお付き合いした男性は、いま改めて思い返すと経営者や会社役員の男性ばかりでした。(前の夫も含む)

やはり、経営者や経営者層の男性というのは高収入ですよね。(そうじゃない方もいますが)

 

もちろん、個人差があるのは前提でお話しますが、収入が高いということは、それだけ人や世の中に価値を提供しているからなので、高収入の男性というのはマインドも素敵な方が多いのも事実です。

 

私は収入の高い男性がタイプというよりは(単にお金を持っているという条件であれば御曹司でもいいということになりますが)、経営マインドを持った男性に魅力を感じるので、経営者の男性とお付き合いすることが多かったのですが、精神的にも経済的にも豊かな男性が女性に求めているものって何だろう?と追求していた時期があったので、今回はそれについて共有させていただきますね。

スポンサーリンク

経営者の男性の魅力とは?

経営者にも様々ありますが、私が付き合ってきた男性というのは起業家でもあります。自分の意志で会社を興した方々ですね。

 

そういった男性は、安定を優先せずに自分がやりたいことや、使命を果たすことを大事にしているので、意志が強いです。

 

そして、決断力もあります。自分で責任を取らないといけないことが多く、最終的には自分で決めるということが習慣になっているので、何かあっても人のせいにすることはなく、自分で決めたことだからという潔さがあるところも魅力的です。

 

また、集中力を発揮できる人が多く、仕事の時は仕事に集中。私と会っている時は私に集中してくれるので、結果的に心が満たされ充実感のある時間を過ごさせてくれる方ばかりでした。

経営者というのは多くのことを自分で決めなくてはいけないというシーンに多く遭遇します。ある意味、時間もお金も自由に使えるということでもあります。

だからこそ、セルフマネジメントが必要になってきますが、そこに行き着くまでに彼らなりに試行錯誤をしています。

 

限られた時間や経費の中で生産性を上げていくためにも、ひとつひとつに集中を要することが多く、そのような環境のもとで集中力を発揮させるというトレーニングを必然的にしてきているからなのではないかと私は思っています。

ある程度、集中をしないと成果って出せないと思うんですよね。だからこそ、私は男性に求める要素のひとつに「集中力」があります^^

集中力がある男性は、会話をしていても私の話を真剣に聞いてくれるので、愛されているという実感がめちゃくちゃ湧きます。そして、集中力はベッドの上でも大事ですしね(ハート)

高収入の経営者が惹かれる女性の特徴とは

これまで、お付き合いをしてきた経営者の男性たちにどんな女性が好きなのか私はストレートに聞くことが多かったのですが(笑)、その中でも全員に共通していたことをシェアさせていただこうと思います。

男性を癒やす能力を持っている女性

多くの男性が女性に癒やしを求めていると思うのですが、これは多忙を極める経営者の方々は更に求める要素のひとつのようです。

ただ、癒やすといっても、おっとりした癒し系であることを求めているわけではありません。マッサージをしてあげればいいというわけでもありません(笑)


ここで敢えて能力と書いたのにも訳があって、男性が求めていることを理解した上で、男性に何をすれば癒やしに繋がるかを察知する観察眼も必要になってくるからという理由を含んでいます。

経営者は忙しい方が多く、それなりに疲労もありますが、好きな仕事をしている人が多いので余計なストレスで疲れているというケースは少ないです。

なので、単に癒やしてくれ…!みたいなことを求めてはきません。

例えば食事のシーンでも、女性があれこれ忙しく気を回すより男性がサラダを取り分けたり、注文をしたりと男性がリードする方がいいという男性だっています。

高収入の方ってサービス精神が旺盛の人が多く、愛する女性にはやってあげたいと思っている人が本当に多いです!なので、感謝を伝えながら甘えた方が男性もその姿に癒やされたりするものです。

その代わり、心と身体を癒やすための技術はしっかり高めておく必要があると私は感じます。会話や身体の交流は相手がいないと実現しませんから、コミュニケーションスキルや男性が気持ちよくなるポイントなどは勉強しておく必要があります。

 

飾らず素をさらけ出している女性

本当の意味で豊かな男性というのは、正直な人が多いです。
なので、必要以上に自分をよく見せようとする女性よりもありのままで接してくれる方が男性も信頼して何でも話せると言います。

私も立派な男性だからこんな自分で良いのだろうか…と自分をよく見せようとしたこともありましたが、本当の意味で強い男性というのは、どんな私も受け入れてくれるんですよね。


なので、本音や弱音もちゃんと伝えること。

無邪気な素の自分も大人なのにかっこ悪いかな…なんて思わず表現すること。

要は男性の器の大きさを女性が信頼しているかどうかが関係性を作っていく上で重要なんだと思います。リーダーシップも備えている経営者男性は頼られることが嬉しいみたいですからね!

自分の人生を生きている女性

私も自分の意志でやりたいことをやらせてもらいながら生きてきたタイプです。でも、特に男らしいタイプの人は、女性らしくついてきれくれる人がいいのかなと考えたことがありました。

しかし、大抵の男性がププのことを見ているとヒヤヒヤする。でもだからこそ支えたくなるといったように、私の自由な生き方を好きだと言ってくれる人ばかりでした。(有り難い)

経営者の男性も自分で生き方を決めてきた方が多いので、やはり自分の意志を持っている女性のことを尊敬してくれますし、普通じゃないということにも寛容で面白がってくれます(笑)

そして、自分の人生を生きている人というのは会話も楽しいんですよね。表面的な相槌とかで相手を気持ちよくさせるとかではなく、生き方からくる視点や意見を交換し合えるので、そういうコミュニケーションができる女性は男性も飽きずに会うことを楽しみにしてくれるようです。

本音でフィードバックしてくれる女性

これはよく聞く話だとは思いますが、経営者って意外と孤独だったりします。
自分がリーダーなので、周りから何かを言われるより、自分が指導したり育てる側の立場ですよね。

なので、時々自分がこれで良いのだろうか?と迷っていることもあります。
でも立場的に誰にも言えない…。そこで、ちょっとした孤独感を感じているときがあります。

基本は前向きで生産的な考え方の持ち主が多いですが、人間ですから悩んだり迷ったりすることもありますよね。それは、経営者の男性も同じです。

だからこそ、そんな男性が相談してくれたり、ちょっとした愚痴をこぼしてきたら、まずは全肯定の心で受け止めた上で、感じたことをそのまま伝えると相手は安心します。

そして、ちょっとした女性の発言が男性の仕事のヒントになることもあるので、自分の意見を遠慮なく伝えることは大切にした方が良いと私もよく感じます。

年収の高い経営者男性は魅力的な人が多い

こんなことを言うと、お金で男性を選んでいるのかと思われるかもしれませんが、そういうことではありません。

ただ、傾向としてそれだけの価値を生み出し続けている努力や工夫をしているので、結果的に経済的にも豊かになっているのだと私は思います。そして、それの大元は精神的な豊かさからくるものだと感じています。そこに私は魅力を感じています。

サービス精神が旺盛だったり、世の中を少しでも自分の力でよりよくしていきたい、といったマインドを持ってる人が結果的に物心共に豊かになっていく…。

これは経営者という役職だけに限らないことかもしれませんし、今回はかなり私独自の視点で書かせてもらったので、共感できない方もいらっしゃると思いますが、それも分かった上で私なりにまとめてみました^^

初期費用0円から始められる高収入男性専門の婚活サービスは【セレブ婚】
そんな精神的にも経済的にも豊かな男性と出会える結婚相談所もあります。遠回りすることなくそんな男性に出会いたい方は、専門の結婚相談所で出会いのサポートをしてもらうこともおすすめですよ♪