出会いがないとは言わせない!私が素敵な男性と出会ってきた方法6つ

恋愛

こんにちは〜

厳密にいうと、私はアラフォーの仲間になるとは思うのですが、
まだアラサーで通したいと思っているププ(@PUPU_STYLE)ですw

私は3年ほど前に離婚をしているのですが(ちなみに円満離婚)
結婚しているときから、男性との出会いも多く男友達もすぐ出来るタイプでした。

当時は結婚していたので、男性から好意を持たれてもお断りするしかなく
それなら…と周りの独身の女友だちが出会いがない!出会いが欲しい!というので
周りの男性に声をかけては、よく合コンや飲み会を企画していました。

スポンサーリンク

「出会いがない」なんてことは実際はない

ただ、私はすごく不思議だったのです。
だって、出会いっていっぱいあるのにな〜って。

ちょっと視点を変えるだけで出会いは溢れているって気付けるんですよね。
私は、10歳くらい年下の男性から15歳くらい年上の男性と
幅広い年齢の男性からお誘いを受けてきたのですが、色んな出会い方がありました。

出会いがないと嘆く前に、出会い方にあまりこだわり過ぎず
心オープンにいることで出会い運も上がると思うので
実際に私はこんな形で男性と出会いましたよ〜というのをご紹介します。

タイトルでは方法と表現していますが、たまたまというのもあるので
方法という書き方は適切ではありませんがご了承くださいm(_ _)m

周りから、普通とは思われていない私なので(笑)
参考にならない方の方が多いかもしれませんが
いつもと同じことの繰り返しを続けるより発想の転換をした方が
人生おもしろくなったりするので、一人でもお役に立てたらと願っています^^

家の近くで声をかけられた

言い方を変えると、ナンパ(笑)

家に帰ろとしている時に、近所のバーから私の存在に気付き
お店から出てきて、声をかけてきた男性がいました。

一緒に飲みませんか?と言われ
時間も遅かったのもあるし、ごめんなさいと断ろうとしたのですが
かなりの猛プッシュで一杯だけで良いのでと懇願してきたので
一杯だけなら。。。とお酒をご馳走になりました。

知らない男性なのに、よくついていったなと思われるでしょうが
身なりがすごくちゃんとしていたんですよね。スーツの着こなしのセンスも好きだったし。
あと、強引だけど礼儀正しい。

その方とは、その後も飲みに行ったりしましたが
私はお付き合いはするつもりはなかったので女友だちを紹介し
その子と付き合うことになって、めでたし〜となりました。

家の近くで道を聞かれた

実は、これもよくあります。
どうせ通り道だからとお店まで案内してる途中で
せっかくだから一緒に飲みませんかと誘われたり

他のパターンだと外国人に道を聞かれ
教えているうちになぜか、「親切ですね、結婚したいです」と
出会って10分でプロポーズされたり…

道を聞かれたことがきっかけで仲良くなるパターンもありました。

バーで一人で飲んでたら素敵なおじさまと仲良くなった

時々ですが、一人で近所のバーに行きます。
マスターが気さくな方なので、一人で飲みたくなった時にフラっと。

一人でバーで飲んでたら、けっこうお友達ってできるんですよね。
しかも男性だけではなく、女性のお友達も出来ました。

そこのバーでは何人か仲良くなったのですが
特に思い出深いのが、2人組の男性との出会いでした。

関西から福岡に遊びにきてらっしゃって
一人で飲んでる私に声をかけてくださいました。

そのうちに1人の方はお医者さんで、とっても笑顔が素敵なダンディ〜
お2人と連絡先を交換し、またどこかで会いましょうとなりました。

そして、実際に私が関西に出張があった時に
そのダンディなお医者さんに、めっちゃ良いお店でご馳走していただきました。
すごいおもてなしをしてくださり、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

友だちの付き添いで行った相席バー


なかなか出会いがない、彼氏ができないという女友だちがいたので
ならば、相席バーに行ってみようとなり初めて行った時のことです。
私が相席バーに行ったのはこれが最初で最後です。

私たちが行った相席バーは、
出会いを求めてる男女が集まるおしゃれな居酒屋みたいな感じでした。

友だちと2人で席で食事をしていると
同年代の男性2人組がやってきました。

私はその時は彼氏はいなかったのですが気になる人がいたので、
どちらかというと友だちに良い人が見つかればいいなと思って
友だちと男性陣が仲良くなるようなコミュニケーションをしていたのですが
その友だちがあからさまにテンションが低く。。。

きっとタイプじゃなかったのでしょうねw

そんな感じで、男性陣も申し訳なさそうにしながら
次の男性陣とチェンジしました。

次は私たちより若い男性2人組。
そのうちの一人は爽やかな商社マン。
友だちも少しはお気に召したのか、みんなで連絡先交換しました。

その日はそこでお別れしたのですが
商社マンから私に連絡があり、2人で食事に行きました。

私と話をしていて楽しかったからというのが誘った理由とのことでした。
その後も何度か連絡はありましたが、単純に弟にしか見れなかったので
そこからの進展はありませんでしたが
相席バーでも、爽やかで誠実な男性とは割と出会えるんだというのが
意外な感想でした。

飲み友が見つかるアプリ


私は一時期、東京に住んでいたことがあるのですが
ほぼ友だちがいなかったので、初めてアプリを使ってみたんです。

すると、男女ともに本当に良い人ばかりと出会えました。
私が出会った人がたまたまそうだったのかもしれませんが
東京で出会った男性は積極的な人ばかりでした(笑)

でも、アプリって何となく怖いイメージもなくはなかったのですが
本当に親切で面倒見の良い人ばかりに出会えたので
私はアプリを使ってよかったと思っています。

pairs3

ブログで書評を書いたら著者の方と出会えた


昔から個人でブログをやっていたのですが
そこで、よく読んだ本をブログで書いていました。

それがきっかけで、これまで2人の方から連絡をもらって
実際にお会いしました。

そして、そのうちの一人の方とはお付き合いもしました。
やはり本を出している方って、素敵な方が多いです。
こんな素敵で立派な方とも仲良くなれるなんて
インターネットって凄いと感謝感謝です(笑)

出会いがないと嘆いている人は心がクローズなことが多い

この他にも、普通に合コンとか、友だちが友だちを紹介してくれてとか
私は自分で会を主催して幹事もしていたので、そこに新しい友だちをつれてきてくれたり…と
とにかく出会いは出会いを呼ぶと実感しています。

私は出会い方というのはきっかけに過ぎないと思っています。

自然な出会いがいいというセリフもよく聞きますが
ある意味、全て自然といえば自然だし
どんな出会い方であろうと、そこからどう関係性を築くかは自分次第。

オープンな心で、目の前の出会いが奇跡であると思えば(大げさかもしれないけど)
どんな相手でも興味、関心を持ってコミュニケーションしたくなるものです^^

そして、異性である男性という存在に過剰に反応していると
相手そのものを見れなくなると思います。
どうせ下心しかないんでしょ、と決めつけたり
飲んでる時に話しかけてきた男性を無下にあしらうとか
もちろん、軽い男性もいますし気をつけないといけない時もあるけど
自分がコミュニケーションをちゃんととれれば
意外と変な人って寄ってこないものです。

彼氏をつくるために、ナンパでも何でも受け入れたらいいよというのが
伝えたいのではなく、出会いそのものは溢れているから
それを楽しめるかどうかが大事だし、出会いがないと決めつけると
その観点でしか見れなくなっちゃうよ〜と言いたかったのです。

たくさん出会うことをお勧めしているわけでもないし
男性と出会わなければならないわけでもないですしね。

ただ、出会いたいのに出会えないと思っている方は
心と視野を広げてみるだけでも、素敵な変化があるかもしれませんよ♪

 

pairs3