強い心は科学的につくれる!「神メンタル」で思い通りの人生をつくろう

おすすめ本

こんにちは〜!
今日のお昼はオフィスでうどんを作って食べたププ(@PUPU_STYLE)です!

2019年もスタートして約1ヶ月が経ちましたね〜。

新年に今年の目標を立てた方も多いと思いますが順調でしょうか〜?
それとも、「目標なんやったっけ?」と
すでに忘れかけてる方もいらっしゃるかもしれませんねw

私は目標そのものは毎年経てるのですが
途中で変わってしまうことが多いタイプです(笑)

私は本人が生きたい人生を送れていることが何より!と思うし
目標は絶対に立てたほうがいい!とも思いません。

そして、目標を立てることに縛られてしまうのも
幸せな人生とも言えませんよね。

しかしながら、目標があることでメリハリが生まれ
充実感や達成感を味わえるという効果もあると思うのです。

今回ご紹介する本は、今年のはじめに私が目標を立てる時に
とっても役に立った一冊です。

スポンサーリンク

「神メンタル」で思い通りの人生を!


神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り / 著者 星渉

著者曰く、何をやってもうまくいく人が必ず持っているものが
強い心=神メンタル

最初にこれを見た時に、めっちゃ頑張る系なのか?と尻込みしそうになりましたが
「強い心」は、科学的に作り出すことができると追記されていたので
安心して読み進めることが出来ました^^

心が強い人の人生が思い通りにいく理由

著者は、経営者や弁護士、アナウンサーやモデル、スポーツ選手など
あやゆるジャンルの人たちの目標達成のガイド役をされてきていて
これら約8,000人の人たちを観察する中で、
何事もうまくいく人は心が強いという共通点があったと述べています。

そして、心が強い人は「今の自己評価」ではなく
目標達成した「未来の自己評価」で生きている。

何でもうまくいく人というのは
未来の自分で今を生きているということになります。

心が弱いとやらなくてもいい理由を探す

では反対に心が弱いと、自己評価が低い状態で物事に取り組んでしまい
無意識に「自分にできるわけがない」「失敗したらどうしよう」となり
選択と行動が明確な目標からずれたものになっていく。

そして、最終的には「やらなくてもいい理由」を探し始める…

未来の自分で生きると決めることから

未来の自分で生きる!と決めた心の強い人はすでに目標達成した自分なら、
どのように考えて行動するかという基準で判断し行動していくので、
現実が未来の自己評価に追いついてくる感覚であらゆることを実現していく。

そう考えると、心の強い人というのは決めることができる人とも言えるのでしょうね〜。

多くの人が目標設定を間違えている!?

思い通りに生きる公式
現実(未来)= ①目的地 × ②手段 × ③メンタル
この3つで説明がつくと著者は述べています。

「あなたの目標は何ですか?」
「あなたが実現したいことは何ですか?」
「あなたは1年後の今日、どうなっていたいですか?」

あなたは、これらの質問い“即答”できますか?

これらの問いに即答できないということは
「自分でどこに向かっているのかをわかっていない」ということです。

もしも、目的地が決まっていないのに飛行機が離陸したとしたら
大変なことですよね?

どこに向かっているか分からない飛行機って安心して乗ってられないですよね^^;

臨む未来を手に入れるために重要な2つのこと

例えば、1年後に今よりも収入が増えてたらいいなと思ってるとしますよね。
そのとき、今よりいくら増えてたらいいのか?

1万円なのか、10万円なのか、100万円なのか、1000万円なのか…
1年後に1万円増やすのと、1000万円増やすのでは方法も行動も変わってきますよね。

だからこそ目的地(目標)は曖昧ではダメ!明確に設定しましょう。

そして、飛行機がきちんと目的地にたどりつけるのは
目的地に向かっているか、航路からズレていないかを常に確認しているから。

ある調査によると、年始に立てた目標をその年の12月に覚えている人は
10%もいないそうなんです。

これこそ、目的地(目標)は設定したけど
飛んでいるうちに、どこに向かってるか忘れた状態で飛行を続けているようなもの。
これでは、目的地にたどり着けませんよね^^;

望む未来を手に入れるためには以下の2つが重要!
1. 「ここ以外ない」というくらい目的地を明確に設定すること
2. 目的地から目をそらさない(忘れないようにする)こと

「どうやったれできるのか?」は自分で考えなくていい

目標が決まったら、それを実現するための手段が必要になってきますよね。

ただ、著者曰く、手段は考えてつくるものではなく自動的に見つかると述べています。
日本人は特に真面目な性格の人が多く、手段を自分で考えなければとなりがちですが
手段の答え探しで疲弊してしまっては時間の無駄とも言えますよね。

そして、どんなに考えても「今の自分」には分からない。
これから行こうとしている目的地には到達したことがないわけだから
どうやったらそうなれるかはわかるはずがない。

うん、それもそうだ!

ただ、目的地が明確になれば手段が自動的に見つかる理由として
脳の習性が関係してくるので、詳しく知りたい方はは本書を読んでみてください。

最も重要なのが「メンタル=自己評価」

いくら、目的地が明確になって手段が手に入っても
自己評価が低いままだと行動に移すことはできません。

もしも、自分に飛行機を操縦できるのだろうか?もし何かトラブルがあったときに対応できないし
責任もとれないよ…そんな自己評価だと実行できませんよね。

実行できなければ現実は何も変わらない…
自己評価を変えない限り、どんなに条件が揃っても人生は変わらない。

そして、目的地に合った自己評価も必要で常に更新が必要というのも
確かにな〜と思う視点でした!

ただ頑張って変わろうとしても目覚ましい変化は起きない

現実(未来)= ①目的地 × ②手段 × ③メンタル
この公式はわかったけれど、なかなか自分を変えることができない
一歩を踏み出すことができない…そんな人も多いと思います。

そして、私もとにかく頑張ろうとしてしまうタイプの人間だったので
最初はいいけど、後から息切れを起こしちゃうこともありました(汗)

自分を変えよう!何か新しいことを成し遂げよう!と思う人達の行動パターンは

“頑張って”自分を変える方法ばかり学んでいる

これが、自分を変えようとしてもなかなか変われない大きな原因だと著者は述べてます。

自分を変える方法を学ぶのはOKだけど
なぜ変われないのか?変わろうとする時に、何がジャマをするのか?を理解する必要があると。

私たちの変化を最もジャマするものは「脳」

私たちの脳が生きていく上で最も大切にしていることは…
「死なないこと」なんだそう。

つまり、私たちの脳は生命の維持を最優先する。
なので、何か新しいことをチャレンジしようとすると
変化しないように、あの手この手でジャマをしてくる、しかも全力で。

今の状態で生きていられるんだから、何かを変える必要はないだろう
頼むからチャレンジとか余計なことはしないでくれ!と言わんばかりに。

ホメオスタシスを理解しておけば冷静になれる

このような脳の働きを
心理学的ホメオスタシス(心理学的恒常性)といいます。

なので、自分が変化をしようとしている時は
心理学的ホメオスタシスが働くということを理解していくことが大事。

このことを分かっておくことで不安を感じたときでも
ホメオスタシスが働いているんだ〜と思えば冷静になれますし
それを認識しておくことで、自分にとって必要な情報や機会を
いかにして見つけるかを考えればいいということになります。

自分が幸せだと感じる人生を送るために

成功する唯一の方法は実現するまでやり続けることだ

よく聞くフレーズでもありますが、確かにそうなんですよね。

生きていく中で目標は変わってくると思いますが
自分にとっての幸せは何なのか?幸せを感じる瞬間や現実は何なのか?という
自分の幸せから目をそらさないことが大切なんだと思います。

本の中では、心から達成したい目標を設定するためのワークも
掲載されていますので、読みながら自身の目標を見出していくことが可能です。

もちろん、自己評価(メンタル)を変えていく方法も紹介されています!

とにかく頑張る!という精神論で苦しさを伴いながら目標に向かっていくのではなく
理解を深めながら、良い意味で楽に目標を達成したい方のためにおすすめの一冊です。