【書評】メンタリストDAIGOのベッドの上の心理学

おすすめ本

こんにちは、ププ(@PUPU_STYLE)です!

 

こちら福岡は桜が咲き始め、お花見を楽しんでいる方が増えてきています〜♪やっぱり春っていいですね〜!心が明るくなります^^

 

そして、春といえば新生活がスタートしたり新しい出会いが増えたりとフレッシュな気持ちになりやすいシーズンでもありますね!

 

恋愛においても新しく出会い機会が増えますし、春になり気持ちも開放的になりやすいからこそ、恋を始めたくなる人も増える時期ですよね!

 

そんな時におすすめしたいのが、メンタリストDAIGOさんの「ベッドの上の心理学」という本です!何気なく読み始めたのですが、あっという間に退屈することなく読み終えることができました!

スポンサーリンク

モテを科学的に追求した実践本

メンタリストのDAIGOさんの本ということもあり、認知心理学や脳科学などの研究結果に沿った内容で「モテ」に特化した実践的な一冊です!


ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育

 

副題でもある感じるオトナのための保健体育とあるように、ベッドに誘う前に異性を惹き付ける方法からベッドの中でのテクニック、ベッドの後のより幸福感のある恋愛をするためのメンタリズム…とこの一冊を熟読して実践すれば、かなりの確率で恋愛マスターになれちゃいそうだと感じましたよ!

 

そして、この本は異性を理解したい男女向けの本なので、男性だけに書かれた本ではないので、女性にもオススメの一冊です!

科学とデータで理解するモテるメンタリズム

例えば、女性はモテるためには赤い服を身に着けたり、10センチのヒールを履くと良いなど実験データなどを元に書かれてあります。

 

または、よく男性の心を掴むには胃袋をつかめなんて言いますが、むしろそれは逆で、女性を落としたかったら男性の方が女性の胃袋をつかめなんてことも書かれてあります。

 

ざっくりな紹介になりましたが、このような感じでデータや研究に基づいて男女が異性を惹き付けるためのポイントなどが他にも色々と書かれてあります。

本当にイカせたければスローセックスすべし

第2章ではセックスに関することが書かれてあるのですが、女性の私からしても超共感できる内容で本当に多くの男性に知って欲しい!!!と心の底から思いました!

 

個人的には細々したモテテクニックなんかを身につけるより、セックスの技術を上げた方が女性を幸せにできると思っているくらいセックスが上手な男性って本当に少ないと感じています。

 

これは男性が悪いとか言いたいのではなく、やはり正しく学んでいないことが要因だと思っています。

 

そして、女性の多くは男性を傷つけまいと、イッたふり、感じたふりをしてしまうところもあって、なかなかセックスの改善が難しい状況を男女ともに作ってしまっていると思います。

 

だからこそ、セックスに関する学びは正しくするべきだと思いますし、なんだかんだ身体のコミュニケーションは男女間でもすごく大事だし、健康面においても影響が大きいと思うので、ぜひパートナー間でも共有して欲しい内容だと感じました。

 

耳にしたことはあるけど実践したことがない人が多いと思われるスローセックスに関しては、もっと広まるといいなと私も願っています^^

浮気しない・されない技術

本書の中で書かれてある浮気に関する内容も面白かったのですが、浮気をやめられない男性というのは遺伝子が影響しているそうで、浮気してしまう遺伝子を持ってる場合、やめさせることは難しい可能性が高いそうなんです。

だからといって、付き合う男性にいちいち遺伝子検査をしてもらうわけにもいきませんよね。

 

そこで、検査をしなくても浮気性かどうかを見極める方法が、浪費癖があるかどうかだそうです。浮気性の男性は一見無駄なことにお金を使いがちなんだそう。

 

ここで大事なのは、お金持ちかどうかではなく浪費癖があるかどうか。本当のお金持ちというのは無駄なお金を使ったりしないけど、浪費家はやけに派手なものを身に着けたり、やたらと高級なプレゼントを渡してくるそうです。

正しく努力することでよりよい恋愛とセックスにたどり着ける

本書では、セックスに関することから異性とラブラブでいれる方法など、リアルに役立つ内容が満載です!

 

セックスするための努力を捨てたら男の成長は止まるとあるのですが、これにはすごく共感します!結婚するとかしないとかは価値観の問題だから、それぞれで良いと思いますが、良い恋愛をしたい、良いセックスをしたいという感情は人間だったら自然に持ち合わせているものだと私は思います。

 

なので、この感情に素直になれなかったり、努力をせずに諦めているとしたら、人生の中にある楽しみを放棄しているということになるのでは?と思うんですよね。(大袈裟かな?^^)

 

ただ、男性の立場でいうと、女性と最高のセックスがしたい!というゴールに向けて、ではどうしたら良いのか?という研究、追求、努力をすることで男としての実力や魅力が増していくと思います。

 

この本はすごく分かりやすく解説してくれているので、恋愛やセックスに関して自信がない方や、より向上させて大事な人を満たしてあげたいという思いもある方はぜひ、一読されることをお勧めします!

 


ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育